しっかり睡眠を取りメンタルに余裕を持たせれば便秘を回避出来る!?

生活リズムの崩れはデリケートなお腹には大敵、というのは私の経験からも確かな事でしょう。生活リズムが崩れると睡眠や食生活にも悪影響を与えますし、メンタル面での不安定さも出てくるもの。それが最もダイレクトに症状として現れるのは間違い無く便秘なのです。

私は仕事柄、しばらく昼勤と夜勤を定期的に繰り返す生活を送っていました。それは一定期間が過ぎると否応なく180度全く異なる生活リズムに切り替えなければならないという事を意味し、一方のリズムにようやく慣れたと思った頃にもう一方へと切り替えなければならないという理不尽さ。もちろんストレスも溜まりますし、睡眠も不安定で短くなりがちで、それらが原因であろう酷い便秘にも悩まされる様になってしまったのです。

結局その症状が改善に向かったのは、仕事の形態が私に全く合わないと判断し、思い切って昼勤のみの職場に転職してからの事。それまで不安定であった睡眠も常にぐっすり取れる様になった事で日々の生活や通勤に対するゆとりが大幅に増え、メンタルも安定し、自然と便秘の症状も収まっていったのです。便秘サプリ 効果

その間食生活を意識して変えたという事も無かったのですが、メンタル的にゆとりが生じた為に朝夕と自炊出来る時間的余裕も出来、それにつれ整腸に良い食物繊維豊富な食品をより多く取り入れる事が出来る様になった、という面も大きかったに違いありません。

ストレスが消えるとそれ程味付けが濃くない食事でも十分美味しく感じられる様になりますから、それまでボリュームが足りない、と感じていた日本食メインでも満足出来る様になったのでしょう。

岡山市内の引越しでわかったこと

学生時代に岡山市内の引越しを経験しました。単身だったので荷物はそれほど多くなく、また引越し先も岡山市内の近距離引越しでした。 この時引越し業者を選ぶのに大変苦労しました。 最初は不動産屋が紹介した引越し業者に見積りしてもらいました。 しかし、岡山市内の引越しにも関わらずかなり高額な見積りを出されたので、その業者に頼むのはやめました。ほかの大手業者にも見積りを頼んだのですが、なぜか皆かなり高額な見積りを出されました。

業者は、「岡山ではこのくらいの値段が普通ですよ」と言っていたのですが、とてもそうは思えない価格でした。 あまりにも高額な料金を払うのも嫌だし、と言って引越し業者を決めないわけにもいかないし、ということで途方にくれました。 そのとき、たまたま最近総社市から岡山市内に引っ越してきた友人から、「赤帽をつかってはどうか。岡山市外から引越しだったのに、その見積りの金額よりだいぶ安かったよ」という情報をもらいました。

赤帽は小さな荷物を運ぶ業者というイメージがあったので、赤帽に引越しを頼むという発想は全くなかったのですが、友人の勧めもあり、赤帽に見積りを依頼しました。 結果的にはこれが大正解でした。見積りにきた人はほかの業者の見積りをみて「こんなに高いのはあり得ない」とあきれていました。 そして、ほかの業者の見積りよりかなり安い金額を出してもらいました。

結局赤帽に引越しを頼んだのですが、サービス・作業員の質とも十分満足できるものでした。 あとから周りの友人にいろいろ聞いてみると、岡山だから高いのではなく自分がなめられていたのではということがわかりました。 ほかの大手業者への不信感は増し、赤帽への信頼も増しました。卒業して岡山から地元に帰るときも赤帽にお願いしたほどです。 引越しを通して、自分が世間知らずだったことと、良い友人に恵まれたことが分かった一件でした。

会社の寮で一人暮らしのきっかけ作り

一人暮らしを最初に経験したのは会社の寮でした。それまで一人暮らしへの憧れはありましたが、両親、特に父親は昔気質の人間のため、女子の一人暮らしはなかなか認めてくれませんでした。ですが、会社の寮ならば寮母さんもいるし門限も決まっているから、と両親を説得し憧れの一人暮しを始めることができました。

会社の寮ですから、生活用品はほとんど必要なく、大きな荷物は布団くらいでした。洋服は整理タンスを置くようなスペースも無いので季節ごとに家から持ち運び、オフシーズンの服は家に送るようにしていました。ですから、小さな引越しは親の乗用車を使って一回で済みました。

ただ、しばらくの間、ペットの犬と一緒に居られないことがなんとも切なくて寂しかったです。結局、犬に会いたくて週末の度に家に帰っていました。今考えてみると、一人暮らしとはいえないような寮生活でしたが、身の回りのことは自分でしなくてはいけないので、少し早起きをして洗濯や掃除をするようになりました。今までは親まかせでいた生活的な自立が、なんとなくできるようになったのですが、食事については寮で提供されるため自分で作ることはありませんでした。

そういった生活的なことよりも、寮暮しの会社の同僚たちと夜を徹して遊び門限破りをして寮母さんに叱られたり、寮の共有スペースでお酒を飲んで騒いでこれまた叱られたりと、そういった若気のいたりの思い出は寮生活ならではの楽しい記憶になっています。会社勤めをしながらの寮生活、一人暮らしのきっかけには良い経験になったと思っています。的に取り組まれると良いと思います。それは自分の進路選択の役にも立つはずです。

外国人向けの物件

中国人の留学生や中国から出張で日本に来たビジネスマン向けに、 短期間の家具付き物件やルームシェアから一般賃貸物件まで いろいろなニーズに合わせた情報を提供して集客していこうとしている会社が日本にあるようです。

一方、現在の日本では長い間空室になっている物件を持つ マンション・アパートのオーナーが多いようです。 そんな状況のなか、中国人などをはじめとして「物件を借りたい」といった需要と、 日本にいるマンション・アパートの賃貸物件の供給といったことで うまくマッチしそうな流れに持っていくことも出来そうです。

貸す側である日本人のオーナーは、借り手である外国人に対して不安を持っている。 どういうことかというと、文化や習慣の違うという理由から外国人への賃貸に 不安を感じるオーナーも少なくないようです。

こんな不安を解消できるよう、中国人スタッフを採用することで 契約から入居中のトラブルについて対応できるようにしているところもあると聞きます。 日本と中国の間にはいろいろな問題がありますが、 上記に記したような需要があることは間違いないと思います。

滋賀県で引越しをしました

3年前に滋賀県大津市に実家が有り、30代になっても実家住まいはさすがに恥ずかしくなって、 仕事も順調でそろそろ一人暮らしをしようと決断しました。 そこで色々物件を探していたのですが、親が高齢な事もあり、今は特に健康で介護が必要でもない上、 二親そろっているので問題ない状態でしたが、子供は自分一人なので、 やっぱり近くに住んでおいたほうが急な事態に対応できるし、 自分も親も安心だろうという事で同じ滋賀県大津市で職場に通いやすい場所を選ぼうという事になりました。

一人暮らしは初めてではないので、物件選びや契約や不動産さんへの対応等は問題なく進んで、 住む家も決まって、さあ後は引越しとなった時に引越し屋さんを選ぶのに一苦労。 以前滋賀県以外の町で一人暮らしをしたときは、カバン一つで家具付きのアパートに引越したので、 引越し屋さんを使わなかったのです。

引越し比較サイトに登録して価格を比較しようとしたのですが、 サイトに登録した直後に電話がかかってくるわ、かかってくるわで大変。 しかも殆どは下見にきて見積もりが必要だと言われ、実家から一人暮らしなので 一人暮らし用の家電や家具や日用雑貨などは直接新居に配送してもらうつもりだったので、 荷物はあんまり無いので下見に来るほどでは無いと思っていました。

電話で話しをしただけですぐに料金を決めてくれた業者さんがいたので、即決でお願いしたのですが、 その2時間後にメールで送られてきた業者の料金が3千円安かったんです。すぐにその業者に連絡して、詳しく話を聞いて、下見はしないし、 滋賀県内での引越しで荷物もあまりないので、時間をフリーにするならその料金で出来るとの事でした。

時間をフリーとは、1日の中で業者の都合で時間を決めるということで、 前日にならないと何時からか分からないデメリットが有る為、安く出来るらしいです。 その業者に引越しを依頼して、即効前の業者さんに断りの電話をいれましたが、 ものすごく渋られまして、即断で決めずに1日位は比較する為に時間を置くべきだと痛感しました。